君が、仲間を殺した数 ‐魔塔に挑む者たちの咎‐ 著者:有象利路/イラスト:叶世 べんち

君が、仲間を殺した数 ‐魔塔に挑む者たちの咎‐

ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年10月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

君が、仲間を殺した数 ‐魔塔に挑む者たちの咎‐のあらすじ

 その日、ある少年が死んだ。  仲間思いで心優しい、少しだけ照れ屋な……そんな彼はいなくなり、瞳に仄暗い光を宿した狂戦士のような男が、ただ一人立っていた。  少年の名はスカイツ。彼は、幼馴染たちで構成されたパーティである《塔》を攻略するさなかに、魔の祝福を受けてしまう。 「自分が死ぬと、その場に居合わせた仲間の“能力”と――“存在そのもの”を吸収して、時間を戻し復活する」能力。  親しい友を意図せず自らの力で「喰らい」、失意の彼は次第に心を擦り減らしていく。そして、その身を削る苦しみの果て、彼は【鬼】へとその身を堕とす。  《塔》に挑む者たちの異常な日々と、彼らの罪と咎を描くダークファンタジー。

693円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

君が、仲間を殺した数 ‐魔塔に挑む者たちの咎‐のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

君が、仲間を殺した数 ‐魔塔に挑む者たちの咎‐を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP