台湾 朝鮮 満州 日本の植民地の真実 黄 文雄

台湾 朝鮮 満州 日本の植民地の真実

著者
黄 文雄
出版社
扶桑社
ジャンル
人文・社会科学 日本史 世界史
配信日
2020年10月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾 朝鮮 満州 日本の植民地の真実のあらすじ

真実を知らずして、安易に謝罪してはならない皇民化運動、創氏改名、総督府、満州国建国… 日本は、台湾、朝鮮、満州で植民地統治を行い、敗戦によりその統治から手をひいた。そして多くの教科書では、侵略行為が強調され、厳しい植民地支配の状況が記されているが、本当はどうだったのか。著者が10年の歳月を費やし、植民地の実態を実証的に検証した大作。 ※このコンテンツは扶桑社刊「日本の植民地の真実」(2003年10月30日 初版第1刷発行」をmもとに制作されております。

2,200円 22ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

台湾 朝鮮 満州 日本の植民地の真実のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

台湾 朝鮮 満州 日本の植民地の真実を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP