不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~ 茨木野/ひたき ゆう

不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~

ジャンル
ライトノベル
配信日
2021年02月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~のあらすじ

対象物を鑑定する以外に能のない不遇職【鑑定士】のアインは、 パーティにお荷物扱いされながらも、必死に生きていた。 だがある日、大量のモンスターに襲われたパーティの面々はアインを犠牲にして逃げてしまう。 一人残されたアインは、ダンジョンの奈落へと落ち―― 地下深くで、【世界樹】の精霊の少女と、守り手の賢者に出会う。 彼女たちの力を借り【神眼】を手に入れたアインは、 動きを見切り、相手の弱点を見破り、使う攻撃・魔法を見ただけでコピーする【神眼】の力を使い、 不遇職だったアインは最強となる! 小説家になろう 発 大人気異世界ファンタジーが登場!

1,155円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

不遇職【鑑定士】が実は最強だった ~奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する~のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP