コンビニは通える引きこもりたち(新潮新書) 久世芽亜里

コンビニは通える引きこもりたち(新潮新書)

著者
久世芽亜里
出版社
新潮社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンビニは通える引きこもりたち(新潮新書)のあらすじ

「9割近くは外出している」「不登校がきっかけは2割以下」「10年以上働いた後になることも」――。顕在化してからおよそ25年、かつては「青少年の一時的な現象」とされた引きこもりの内実は激変した。その数はいまや100万人を優に超え、問題も多様になり、従来のイメージでは捉えきれなくなっている。親は、本人は、社会は、何をすればいいのか。引きこもり支援で圧倒的な実績を誇るNPOの知見で示す最適解。

814円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

コンビニは通える引きこもりたち(新潮新書)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

コンビニは通える引きこもりたち(新潮新書)を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP