半沢直樹 アルルカンと道化師 池井戸 潤

半沢直樹 アルルカンと道化師

ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年10月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半沢直樹 アルルカンと道化師のあらすじ

★★★「半沢直樹」シリーズ6年ぶりとなる待望の最新作!★★★ *** 東京中央銀行大阪西支店の融資課長・半沢直樹のもとにとある案件が持ち込まれる。大手IT企業ジャッカルが、業績低迷中の美術系出版社・仙波工藝社を買収したいというのだ。大阪営業本部による強引な買収工作に抵抗する半沢だったが、やがて背後にひそむ秘密の存在に気づく。有名な絵に隠された「謎」を解いたとき、半沢がたどりついた驚愕の真実とは――。 *** 探偵半沢が絵画に込められた謎を解く、江戸川乱歩賞出身の池井戸潤、真骨頂ミステリー! 『半沢直樹1 オレたちバブル入行組』の前日譚となるシリーズ原点にして、「やられたら、倍返し!」 あの突き上げる爽快感とともに、明かされる真実に胸が熱くなる、 7月19日放送開始ドラマ「半沢直樹」シリーズ待望の最新原作小説が、ついに登場。

1,650円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

半沢直樹 アルルカンと道化師のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP