韓国社会の現在 超少子化、貧困・孤立化、デジタル化 春木育美 著

韓国社会の現在 超少子化、貧困・孤立化、デジタル化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国社会の現在 超少子化、貧困・孤立化、デジタル化のあらすじ

若者の就業率、教育費負担、男女の賃金格差など先進国の中で、”最悪”の数値を示す韓国。特に「圧縮した近代」の結果、1を切った出生率、60%が無年金者という高齢者の貧困率・自殺率は深刻だ。他方で問題解決のため大胆な政策を即実行し、デジタル化などは最先端を行く。本書は、少子高齢化、貧困・孤立化、デジタル化、教育、ジェンダーをテーマに、深刻化した現状と打開への試行錯誤を描く。韓国の苦悩は日本の近未来でもある。

968円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

韓国社会の現在 超少子化、貧困・孤立化、デジタル化のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP