昭和男みだらララバイ 最終回 睦月影郎(著)/とやまみーや(イラスト)

昭和男みだらララバイ 最終回

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス
配信日
2020年09月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和男みだらララバイ 最終回のあらすじ

神成昭一郎は93歳の寝たきり。会話も筆談もできず、幽体離脱を経験して死を覚悟する。しかし、同じタイミングでひきこもりになっていた30歳の孫・平太が階段で転倒して卒倒。2人の魂は入れ代わり、昭一郎は若い肉体を手に入れた。そして、女性経験のない平太に変わって、様々な女性と関係を持ってきた。性欲の限りを尽くした昭一郎は、2ヵ月後、孫の平太に肉体を返却し、寝たきりに戻る。しかし、入れ替わった影響で昭一郎の体調は回復し、ペニスも元気になった。一方、平太は昭一郎が乗り移った時の記憶も持ちながら、祖父が抱いてきた女性たちとセックスを繰り返していく。女子大生でつい最近まで処女だった大野利香、35歳の子持ち主婦・麻生真知子、20代半ばのイラストレーター・山岸奈保美。祖父がトレーニングをしてくれていたおかげで、平太もセックスを堪能することができ……。

110円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

昭和男みだらララバイ 最終回のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

昭和男みだらララバイ 最終回を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP