二十四の瞳 壺井栄

二十四の瞳

著者
壺井栄
出版社
岩波書店
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年08月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二十四の瞳のあらすじ

日本人に記憶され続ける反戦文学の名作.瀬戸内の一寒村に赴任した若い女性教師と十二人の生徒の交流を描く.昭和初期から戦後までの二十数年にわたり,時代に翻弄されながら必死に生きるその姿を通して,戦争への怒り,悲しみが素朴な言葉で表現される.戦争の悲劇を二度とくり返させたくないという著者の思いが込められている.(解説=鷺只雄)

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

二十四の瞳のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP