姦の図書館―言いなり熟女司書― 巽飛呂彦(著)/御風麟太郎(イラスト)

姦の図書館―言いなり熟女司書―

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス
配信日
2020年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

姦の図書館―言いなり熟女司書―のあらすじ

坂居郁美は36歳の図書館司書。バツイチだが、眼鏡をかけた地味なタイプの女性だ。以前は小学校で教師をしていたが、今は男子高の図書館で働いている。ある日、図書館でかつての教え子・三田雅史に声をかけられる。小学校時代の雅史は地味でいじめられっ子だったが、今どきのチャラチャラした茶髪の高校生になっていた。それでも「昔から美人だった」「いい匂いがした」と褒められるのは嬉しく、学内の食堂で昔話に花を咲かせる。図書館の裏手にある書庫の中で雅史に抱きしめられる郁美。動揺したものの、「初恋の相手だった」と言われると胸がときめいた。長い長いディープキスで興奮してしまい、豊かな乳房を揉みしだかれただけで感じてしまう。しかし、それは凌辱の始まりで、雅史の態度は露骨に変わっていき、毎日毎日求めてきて……。

110円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

姦の図書館―言いなり熟女司書―のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

姦の図書館―言いなり熟女司書―を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP