5Gで経営はいかに変わるのか 著:野中賢治

5Gで経営はいかに変わるのか

ジャンル
ビジネス・経済 経営
配信日
2020年08月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5Gで経営はいかに変わるのかのあらすじ

次世代通信規格「5G」の商用化が始まる。「超高速通信」と「超低遅延」「多数同時接続」の3つの特徴を持つ5G開始によって、本格的な常時接続時代が到来する。その変化は、4Gの時のようにスマートフォンに留まらない。とりわけ製造業への影響が大きく、2035年までに全体で13.2兆ドルのビジネスインパクトを与えるという。常時接続された時代において、法人を含めた顧客体験はいかに進化するのか。中国ハイアールや米テスラ等の先端事例をもとに考察する。さらに、マーケット・顧客、エコシステム、ビジネスモデルという「3つのレンズ」を当てながら、実際にビジネスを構築するうえでのポイントをお伝えする。5Gで経営がいかに変わるのかを詳説する。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2020年1月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

550円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

5Gで経営はいかに変わるのかのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP