影の宮廷魔術師 2 ~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~ 羽田遼亮/黒井ススム

影の宮廷魔術師 2 ~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~

ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年07月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

影の宮廷魔術師 2 ~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~のあらすじ

第二王子・ケーリッヒとの王位継承戦に勝利した宮廷魔術師・レオン。一時の休息を得た彼は趣味の書物を求め、魔術師ギルド付属図書館へ赴く。 そこで書物を巡り、意気投合した炎の魔術師・ナインからとある依頼を受けることに。聞けば、この図書館で多発する魔術書焼失事件の容疑者、としての嫌疑を晴らして欲しいという。レオンは持ち前の知略で真犯人を追い詰めるのだが、意外な事実が発覚し……? さらに、王位継承戦にも不穏な兆候が見え始め、レオンの下に新たな辞令が届く。それは隣国アストリアが誇る最強の「巨人(タイタン)部隊」の掃討命令。援軍を見込めず絶望的な状況下で、彼はある奇策に打って出る。レオンが目を付けたのは“ドオル族”という戦闘民族――王国に住まいながらも、忠誠を誓わない荒くれ者達だった! ドオル族の血を引くメイド・クロエと共に、レオンは彼らを懐柔しようと画策するのだが――!? 最強軍師による暗躍戦記ファンタジー、第2幕!

1,320円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

影の宮廷魔術師 2 ~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP