オランダ商館長が見た 江戸の災害【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】 フレデリック・クレインス/磯田 道史

オランダ商館長が見た 江戸の災害【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】

ジャンル
人文・社会科学 日本史
配信日
2020年07月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オランダ商館長が見た 江戸の災害【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】のあらすじ

オランダのハーグ国立文書館には、歴代の長崎オランダ商館長の日記が残されています。1633年から幕末におよぶこの日記は、日本の社会や文化を知る情報の宝庫で、なかでも火災や地震、噴火など当時の災害が克明に記録されているのです。明暦の大火、元禄地震の災害のなか人びとはいかに生きたか。磯田道史氏解説付!

693円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

オランダ商館長が見た 江戸の災害【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

オランダ商館長が見た 江戸の災害【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】の最新書籍ニュース

2016年02月15日 更新

PAGE
TOP