徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】 早島大祐

徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年07月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】のあらすじ

今も昔もお金の貸し借りには、かたちは違うとはいえ一定の秩序が存在していた。だがその一方で600年前の中世社会と現代社会の金融とでは、決定的な違いが存在していたこともまた確かである。その最たるものが徳政である。貸していたお金がなくなるなど、今では詐欺行為と同等かそれ以上の悪辣きわまりない行為だと考える人がほとんどだろう。だが中世社会ではそれが徳政という美々しい名のもとで行われていた。(はじめにより)

616円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

徳政令 なぜ借金は返さなければならないのか【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第三弾「歴史に学ぶ知恵」)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP