ねむり鬼剣 駆込み宿 影始末(二)【期間限定価格(夏☆電書2020 心に沁みる「時代小説」特集)】 鳥羽 亮

ねむり鬼剣 駆込み宿 影始末(二)【期間限定価格(夏☆電書2020 心に沁みる「時代小説」特集)】

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年07月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ねむり鬼剣 駆込み宿 影始末(二)【期間限定価格(夏☆電書2020 心に沁みる「時代小説」特集)】のあらすじ

娘の命が惜しければ千両出せ――。繁盛店の娘が姿を消す事件が立て続けに起きた。依頼を受けて娘たちの行方を捜す駆込み宿のお助け人たちの前に横たわっていたのは、額が割られた凄惨な死顔の男。背後には評判の悪い幕臣の影が見え隠れする。お助け人にして影目付、宗八郎の御隠居剣が冴える、書下ろし剣豪ミステリ!

469円 4ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ねむり鬼剣 駆込み宿 影始末(二)【期間限定価格(夏☆電書2020 心に沁みる「時代小説」特集)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP