その日の空は蒼かった 龍槍椀/フルーツパンチ。

その日の空は蒼かった

ジャンル
文芸 SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2020年07月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その日の空は蒼かったのあらすじ

恋に溺れ、破滅の道を辿った王女エスカリーナ。処刑されて命を落としたはずだったのだが、気がつけば、再び幼少期の自分となっていた。再び同じ人生を生きるなら、もう恋なんてしない。そう決意した彼女は、人生をやり直すべく、貴族をやめて庶民を目指すことにしたけれど、生まれ持った有り余る魔力のせいでそう簡単に事は運ばず……元王女のやり直し奮闘記、開幕! ※電子版は単行本をもとに編集しています。

1,265円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

その日の空は蒼かったのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP