公安狼 笹本稜平

公安狼

著者
笹本稜平
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年07月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公安狼のあらすじ

あの男に、極刑を含む可能な限りの刑罰を与えてやる――。 唐沢龍二は、恋人の吉村久美子に誘われて大学の奇妙な会に入る。会の名は「グループ・アノニマス」。 一見映画論を語っているようでいて、唐沢の理系の知識を利用して爆弾テロを目論む活動組織のようだった。 怪しげなアノニマスから距離を取る唐沢はやがて久美子と破局し疎遠となる。 1年後の1998年。東京都西神田のビルで自爆テロが発生した。 死亡者でもある実行犯は久美子だという。 アノニマスのリーダー・ハンクスこそ真の実行犯で、久美子は利用されただけだと唐沢は気付くが、 いち大学生に地下に潜ったハンクスを捕まえることは容易ではなかった。 やがて、警視庁公安部の捜査官から唐沢に声がかかる。 地下に潜った組織壊滅のための切り札として、公安捜査官にならないかというのだ。 公安捜査官となった唐沢だったが、アノニマスのスパイという風評や、 危うい捜査はいくつもの敵をつくってしまい……。 警察小説の旗手が放つ公安物語!

1,782円 17ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

公安狼のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP