清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか? 渡邊大門

清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?

著者
渡邊大門
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
人文・社会科学 日本史
配信日
2020年07月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?のあらすじ

戦国史上最大のミステリー、本能寺の変。だが信長がたおれた後、明智との戦いに勝利した秀吉が一気に天下人の座についたわけではなかった。秀吉が天下獲りを意識したのはいつか? 最新研究に基づき「清須会議」というターニングポイントからその謎に迫る。

660円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP