アフリカ経済の真実 ──資源開発と紛争の論理 吉田敦

アフリカ経済の真実 ──資源開発と紛争の論理

著者
吉田敦
出版社
筑摩書房
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフリカ経済の真実 ──資源開発と紛争の論理のあらすじ

豊富な資源があっても、国民のほとんどが貧しい。外資が開発をしても、豊かになれない。そして、終わりなき紛争と大量の難民……。アフリカは、これから発展する「希望の大陸」ともいわれるが現実は違っており、その貧困には日本を含めた先進国の人々も大きく関わっている。アルジェリア、コンゴ、マダガスカル、マリ、エチオピア、モザンビーク……日本ではあまり知られていない各国の問題点や世界的な搾取の構造を、マクロな視点とフィールドワークで得た経験により明らかにする。

880円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

アフリカ経済の真実 ──資源開発と紛争の論理のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

アフリカ経済の真実 ──資源開発と紛争の論理を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP