インドネシア大虐殺 二つのクーデターと史上最大級の惨劇 倉沢愛子 著

インドネシア大虐殺 二つのクーデターと史上最大級の惨劇

ジャンル
人文・社会科学 世界史
配信日
2020年07月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシア大虐殺 二つのクーデターと史上最大級の惨劇のあらすじ

一九六○年代後半、インドネシアで二度のクーデターが起こった。事件発生の日付から、前者は九・三○事件、後者は三・一一政変と呼ばれる。この一連の事件が原因となって、独立の英雄スカルノは失脚し、反共の軍人スハルトが全権を掌握する。権力闘争の裏で、二○○万人とも言われる市民が巻き添えとなり、残酷な手口で殺戮された。本書は、いまだ多くの謎が残る虐殺の真相に、長年に及ぶ現地調査と最新資料から迫る。

902円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

インドネシア大虐殺 二つのクーデターと史上最大級の惨劇のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP