太陽と乙女(新潮文庫) 森見登美彦

太陽と乙女(新潮文庫)

著者
森見登美彦
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年07月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽と乙女(新潮文庫)のあらすじ

少年の頃から物語を描いていた。我が青春の四畳半時代。影響を受けた小説、映画、アニメーション。スランプとの付き合い方と自作への想い。京都・東京・奈良をぶらり散策し、雪の鉄道旅を敢行。時には茄子と化したり、酔漢酔女に戸惑ったり。デビュー時の秘蔵日記も公開。仰ぎ見る太陽の塔から愛おしき乙女まで、登美彦氏がこれまで綴ってきた文章をまるごと収録した、決定版エッセイ大全集。

935円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

太陽と乙女(新潮文庫)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

太陽と乙女(新潮文庫)を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP