新地奉行 太田太田太  老中の密命 山田剛

新地奉行 太田太田太 老中の密命

著者
山田剛
出版社
コスミック出版
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年07月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新地奉行 太田太田太 老中の密命のあらすじ

屋敷改こと「新地奉行」は、江戸市中のあらゆる屋敷の所在地や坪数・貸借、相続などの届出を諸屋敷帳に記録し、管理した。この御役目に出役として就いたのが、人を食ったような名の太田太田太である。だがこの男、大名家や旗本家を問わず、どんな屋敷にも立入り御免という役得を盾に、家内に蠢く悪を探り出して剣をふるう、正義の直参であった。ある日、日感寺から地蔵堂建立の届出があった。ところがこの寺、将軍側室の実父の息が掛かっており、しかも大掛かりな貸付も行っているという。不正の匂いを敏感に嗅ぎ付けた太田太は、踏み込むことが許されない本堂へと向かうことに……。隠された悪の証はあるのか!? 身分も地位も恐れない、特命奉行の豪剣が今日も江戸の町で煌めく!

693円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

新地奉行 太田太田太 老中の密命のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP