貧困と連帯の人類学 奥田若菜

貧困と連帯の人類学

著者
奥田若菜
出版社
春風社
ジャンル
社会・政治 人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年07月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貧困と連帯の人類学のあらすじ

首都ブラジリアの衛星都市、セイランジャ。その路上市場では、貧困地帯である北東部から移住してきた人々が働いている。貧乏人を自認する彼らは、ときに警察の取締りから逃れながら、働き者であることを誇り、困っている人に手を差し伸べる― 路上商人たちの「正しさの規範」と「善さの規範」から、階層を越えた連帯の作法を探る。

2,970円 29ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

貧困と連帯の人類学のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP