拾われた男 松尾諭

拾われた男

著者
松尾諭
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆 ノンフィクション
配信日
2020年06月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

拾われた男のあらすじ

自販機の下で航空券を拾ったら、人生が動き出した――。 振られた回数13回、借金地獄や数々の失敗を経て掴んだ、恋と役者業。 個性派俳優・松尾諭による波瀾万丈「自伝風」エッセイ! 自販機の下で拾った航空券。その落とし主はモデル事務所の社長だった。 俳優志望の昭和顔の男は、それをきっかけになぜかモデル事務所に所属することに――。 振られた回数十三回、借金地獄に、落ち続けるオーディション。 悲しくては泣き、嬉しくては泣く、そんな男が手に入れた大役、そして恋。 それでも減らない借金生活が続くある日、かかってきた一本の電話により、アメリカに旅立つことになる。 何年も会っていない兄を迎えに――。 「SP」「シン・ゴジラ」「エール」など数々の映画・ドラマに出演し、個性派俳優として名を馳せる著者が書く、泣いて泣いて笑っての、七転八倒俳優生活。 電子版には著者直筆のカラーイラストも多数収録されています。

1,500円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

拾われた男のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP