CSNY――クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの真実 ピーター・ドゲット/川村まゆみ

CSNY――クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの真実

ジャンル
ノンフィクション 芸術
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSNY――クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの真実のあらすじ

『デジャ・ヴ』50周年記念出版。 50年目にして、ついに当事者、関係者が語った、結成秘話 & 名曲誕生の舞台裏。 ローレル・キャニオンから聞こえてきたハーモニーが、時代を変えた。 4人の男たちの調和と対立、ジュディ・コリンズやジョニ・ミッツェルとのロマンス。 イージーライダーやウッドストックなど、 60年代~70年代のカルチャーや社会背景とともに語られる音楽ノンフィクションの傑作。 1969年、クロスビー(バーズ)、スティルス(バッファロー・スプリング・フィールド)、ナッシュ(ホリーズ)の3人は、 スーパーグループCS&Nを結成。同年5月に『クロスビー、スティルス&ナッシュ』をリリースする。 さらにニール・ヤングを加え、わずか数ヵ月後にはウッドストックに出演。 政府に対する激しい怒りと理想主義、若者たちの不安を代弁し、世代の象徴となっていく……。 「一緒にあのヴァースを歌って、ヒステリックに笑いだした。あまりにも嬉しくてね」――グラハム・ナッシュ 「俺はいついなくなってもおかしくないぜ」――ニール・ヤング 「何でだってハイになれるのが俺」――デイヴィッド・クロスビー 「最初からケンカばかりさ」――スティーヴン・スティルス

3,960円 39ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

CSNY――クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤングの真実のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP