拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ 1 八色鈴/ダンミル

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ 1

ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年06月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ 1のあらすじ

優秀な兄姉の影で『はずれ姫』と称される第四王女のリデルは幸せの中にいた。それもそのはず。 ずっと抱き続けた恋を実らせアッシェン領を治めるオスカーと結婚することになったのだから。だが、幸福な時間は長く続かなかった。リデルはオスカーの妻としてふさわしくあろうと努めるも、そのすべては空回りし、次第にすれ違う二人の心。しかもリデルは、とある事件に巻き込まれ心に深い傷を負ったままその命を落としてしまう。 時は流れ、リデルはフォーリンゲン子爵のひとり娘であるジュリエットへと転生。そして十六歳の誕生日を迎えた後、前世であるリデルとしての記憶を全て思い出すのだった。いまだ心の傷が癒えていないジュリエット(リデル)は、今世では平穏に生きることを望むもしかし、ある夜会へ参加したことをきっかけにオスカーと再会し……? 『氷の騎士』と呼ばれた伯爵と、彼に愛されることなく命を落とし、転生を果たした『はずれ姫』。 これは、そんな不器用な二人が紡ぐ、恋の物語。

1,320円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ 1のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

拝啓「氷の騎士とはずれ姫」だったわたしたちへ 1を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP