日本蒙昧前史 磯崎憲一郎

日本蒙昧前史

著者
磯崎憲一郎
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本蒙昧前史のあらすじ

語りの魔術で蘇らせる、戦後日本の生々しい手触り。 戦後を彩った様々な事件とその陰にある無数の生を描き出す長篇。 大阪万博、三島由紀夫の自決、五つ子ちゃん誕生、ロッキード事件、グリコ・森永事件、密林に28年身を潜めていた元日本兵──。 もはや忘れ去られてしまった無数の「虚構ではない人生」を通じて、あの「蒙昧」の時代の生々しい空気が浮かびあがる。 変幻自在の語りを駆使した芥川賞作家、会心の作。 “我々は滅びゆく国に生きている、 そしていつでも我々は、その渦中にあるときには何が起こっているかを知らず、 過ぎ去った後になって初めてその出来事の意味を知る──“

1,999円 19ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

日本蒙昧前史のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP