人生は苦である、でも死んではいけない【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第一弾「人生のヒント」)】 岸見一郎

人生は苦である、でも死んではいけない【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第一弾「人生のヒント」)】

ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年06月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人生は苦である、でも死んではいけない【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第一弾「人生のヒント」)】のあらすじ

人生は苦。それでも生きる。日々、生きづらさを感じているすべての人へ。ベストセラー『嫌われる勇気』の著者が送る力強いメッセージ! 人生は苦しい。苦しいこともあれば、楽しいこともある、ではなく、本来的に人生とは苦しいもの。それゆえ仏教は「生老病死」の苦しみを説き、聖書は人生を嘆きの谷になぞらえる。でも、それでも死んでしまうのではなく、この事実を認め、受け入れた上で生きていこう。いじめられている人も、会社でハラスメントを受けている人も、死んでしまうのではなく、とにかく生きよう。どんなに孤独に思えても、かならずどこかに「仲間」はいる。だから絶望することなく、希望を持って生きてゆこう。人生を「生きる」ことが、この世に生を受けたすべての人に課された課題だから。 仏教、キリスト教、ギリシア哲学--いにしえの知恵をたずね、アドラー心理学、三木清の『人生論ノート』など、さまざまな思想に学び、築き上げた、岸見一郎の総決算としての人生論!

616円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

人生は苦である、でも死んではいけない【期間限定価格(夏☆電書2020 現代新書レーベルフェア 第一弾「人生のヒント」)】のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP