律令国家と隋唐文明 大津透

律令国家と隋唐文明

著者
大津透
出版社
岩波書店
ジャンル
人文・社会科学 世界史
配信日
2020年06月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

律令国家と隋唐文明のあらすじ

中国の王朝が隋から唐へと移り,朝鮮半島から戦火が迫る.古代日本の律令国家は,そうした極度の軍事的緊張のなかから生まれた.国土防衛と権力集中への模索から,海を介した人々の知的交流,制度にとどまらない文明の継受によって,独自の国制を築く過程を描き出す.東アジアを舞台とした,「日本」誕生のドキュメント.

924円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

律令国家と隋唐文明のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP