怨毒草紙 よろず建物因縁帳 内藤了

怨毒草紙 よろず建物因縁帳

著者
内藤了
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年06月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怨毒草紙 よろず建物因縁帳のあらすじ

――首を切られた女が、私を地獄に誘っている―― シリーズ10万部突破! 「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」の著者による、恋と怪奇の新境地! ☆☆☆ 死際の翁は生首の絵を描いていたそうだ。 持仏堂を曳いた後、怪異が起こるようになった東按寺。 調査に出た春菜は、無残な死に様の死体が転がる地獄を幻視する。 なぜ怪異は起きたのか。 死期の迫る曳き屋・仙龍は、春菜が幻覚を視ている間、 地獄を描きたい欲求に囚われたことに注目する――。 歪んだ情念を生き血で描いた怨毒草紙、その奥に潜む冥き陰謀とは。 因縁帳、転ず。

759円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

怨毒草紙 よろず建物因縁帳のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

怨毒草紙 よろず建物因縁帳を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP