ヤマケイ文庫 幻の怪蛇 バチヘビ・シロべ 矢口高雄

ヤマケイ文庫 幻の怪蛇 バチヘビ・シロべ

著者
矢口高雄
出版社
山と溪谷社
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年06月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマケイ文庫 幻の怪蛇 バチヘビ・シロべのあらすじ

矢口高雄の代表作のヤマケイ文庫化! 矢口高雄画業50周年。怪蛇にロマンを求める代表作と、マタギ犬の宿命を描く名作を合本! 「バチヘビ」。黒褐色で長さ50cm、胴の太さはビール瓶くらい。 その怪異な生物(別名ツチノコ)に人々はロマンと夢を求める。 いまだ人間に捕らわれたことのない怪蛇探索に意欲を燃やす男たちの情熱を 自らの体験をもとに描いた矢口高雄の代表傑作。 1974年、講談社出版文化賞児童まんが部門賞受賞作。 そして、雄大な奥羽山脈の山中を舞台に、 宿命の糸で結ばれた大熊コブダワラとマタギ犬シロべの熾烈な戦いを描いた名作『シロベ』。 ※シロべ=マタギ言葉で「風」の意 読み応えある2本を豪華合本し文庫化!

1,430円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ヤマケイ文庫 幻の怪蛇 バチヘビ・シロべのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

ヤマケイ文庫 幻の怪蛇 バチヘビ・シロべの最新書籍ニュース

2020年07月14日 更新

PAGE
TOP