昔勇者で今は骨5 東国月光堕天仙骨無幻抜刀 著者:佐伯 庸介/イラスト:白狼

昔勇者で今は骨5 東国月光堕天仙骨無幻抜刀

ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年06月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔勇者で今は骨5 東国月光堕天仙骨無幻抜刀のあらすじ

「まーじーでー……転移してるじゃん、これ」  森中の見知らぬ転移装置を抜けると東国であった――仲間と離れ離れになって、師匠の故郷・東国ヤマへと転移したアル。  すわ妖かと怪しまれながらも、剣の師匠マガツのもとへと向かってみれば、そこは魔王軍を離反した堕天王と戦の真っ最中だった。しかも、その軍は古の秘密兵器「月」を擁した最悪の布陣で……。 「出来なきゃまた戦争だ。言っておくが、その場合は容赦せんぞ」  人と和平を目指す魔軍令フギムニからは戦のついでに取引を持ち掛けられ―― 「魔王以来の神命だ、我が勇者」  果てには太陽神マルドゥから討伐の神命まで下ってしまい……人から魔から神までも、頼みの綱は骨勇者!  コツコツ世界を救う異世界ファンタジー、待望の最新刊!

759円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

昔勇者で今は骨5 東国月光堕天仙骨無幻抜刀のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP