宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―(新潮文庫) 今野勉

宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―(新潮文庫)

著者
今野勉
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2020年06月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―(新潮文庫)のあらすじ

猥、嘲、凶、呪……不穏な文字が並ぶ詩と出会い、著者は賢治の本心を探り始めた。信心深く自然を愛した自身をなぜ「けだもの」と呼んだのか。醜聞にまみれ病床でも自己内省を続けた妹の姿に何を思ったのか。名作『銀河鉄道の夜』の中にどんな欲望を秘めていたのか。緻密かつ周到な取材による謎解きの果て、修羅と化した賢治の“真実”に辿りつく。執念が実った圧倒的ノンフィクション!(解説・首藤淳哉)

880円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―(新潮文庫)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP