窓をあけて、私の詩をきいて 名木田恵子

窓をあけて、私の詩をきいて

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2020年07月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

窓をあけて、私の詩をきいてのあらすじ

主人公・水鳥には咲野と暁生という大切な幼なじみがいる。三人の仲間の中で、水鳥は秘密を抱えている。 ひとつは、詩を書いていること。もうひとつは、同性の咲野に特別な感情を抱いていること。 中学2年の秋、暁生の友人の眩が仲間に加わり、水鳥の詩が彼の目に触れたことで、三人の関係が少しずつ変わっていく……。 相手を想えばこそ言葉にできない切なさを鮮やかに描く、永遠・普遍の恋物語。

1,320円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

窓をあけて、私の詩をきいてのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP