Pen 2020年 6/1号 Pen編集部

Pen 2020年 6/1号

ジャンル
雑誌
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Pen 2020年 6/1号のあらすじ

特集:世界に衝撃を与えた創造の軌跡 現代アートの巨人(レジェンド)たち。 古来、人はなにかを表現し続けてきたが、時折、世を変革するものが出現する。 草間彌生が描いた網、李禹煥が置いた石、宮島達男が光らせた数字、 村上隆が描いた花、奈良美智が描いた少女、杉本博司が撮った劇場──。 心を震わせる作品は孤独な闘いの末に見出された光である。COVID-19に 苦しむ現在、6名が見せる世界はなんと輝いていることか!この瞬間の 生命を実感させるアートこそ、いま見たいと強く欲するものだ。 6人の芸術家が競演する『STARS展』の開幕まで、 まず、この特集でアートの喜びを味わってほしい。 村上 隆 (Murakami Takashi) ポップな巨大絵画やフィギュア作品が、芸術を問い直させる。 「スーパーフラット」理念は、生き延びていく。── 逢坂恵理子 国立新美術館長 李 禹煥 (Lee Ufan) 自らの身体で挑み、無限の広がりを探求し続ける。 瀬戸内海を望んで立つ美術館に、思索の時が流れる。── 李禹煥美術館(香川県) 宮島達男 (Miyajima Tatsuo) なぜ宮島は、7セグメントの数字を使うか? 輝き変化する1から9は、東洋的な死生観を内包する。 草間彌生 (Kusama Yayoi) 無上の愛と平和をたたえて、芸術活動の集大成へ向かう。 永遠性を携える濃密な世界を、4つのキーワードで解説。 奈良美智 (Nara Yoshitomo) 北の地で見た表現が生まれる瞬間に、創造の根源を知る。 開幕が切望される、「音楽」とともに楽しむLAの展覧会。 杉本博司 (Sugimoto Hiroshi) 最新作は『江之浦測候所』を巡る、無声映像詩。── 小田原文化財団 江之浦測候所(神奈川県) ………ほか

599円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

Pen 2020年 6/1号のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP