OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント 小林宏之

OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメント

著者
小林宏之
出版社
徳間書店
ジャンル
ビジネス・経済 ビジネス・経済 自己啓発
配信日
2020年05月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメントのあらすじ

OODAとは朝鮮戦争時のアメリカ軍により考案された意志決定のループのことだが、 現在ではビジネス社会において活用されている。 Observe―Orient―Decide―Actの頭文字をとり、 情報収集―状況判断(認識)-意思決定-行動の一連のマネジメントを表す。 想定外の事態などが起きやすい現代社会において、 危機管理に対応するOODAの仕組みとリーダーの役割や考えについて、 元パイロットで危機管理のスペシャリストが解説する。

1,584円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

OODA 危機管理と効率・達成を叶えるマネジメントのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP