世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3 両道渡(著)/azuタロウ(イラスト)

世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3

ジャンル
文芸 小説 SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2020年05月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3のあらすじ

最強の魔王、交換留学生として西方へ――。 帝国で起きた陰惨な事件を解決へと導いた最強の魔王。 テオドールという名の人間に化けて街の復興作業に勤しむ彼は早くも退屈を覚えていた。 自らの心に潜む破壊衝動に駆られる最中、彼が滞在する帝国の南方ミルディアナの地に色欲の魔王アスモデウスが現れる。 彼女は、帝国の西方グランデン領で相次いで起きているという神殿襲撃事件の情報をもたらす。 事件に興味はあるものの、南方で軍学校の一生徒として振る舞っている以上、縁はないだろう。 そう思っていた矢先、なんの偶然か、テオドールの西方領への留学が決定する。 他の特待生らと共に西方へと赴く彼を、赤く煌めく星々が不気味に照らしていた。 グランデンに辿り着いたテオドールらは、この地の守護者であり先の戦で最高の武勲を立て大英雄と称されるクロード・デュラス将軍と出会う。 魔神をも超える圧倒的な威圧を放つデュラス将軍を前に、彼と戦ってみたい衝動を抑えるテオドール。 この地の特待生で現役軍人のクラリスを交えて、留学生として平穏な日々送るテオドールたちだったが、裏では奇怪な事件が蠢いていた。その魔手は着々とグランデン領を侵食していく――。 ※「ガ報」付き! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

1,540円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

世界最強の魔王ですが誰も討伐しにきてくれないので、勇者育成機関に潜入することにしました。 3を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP