勘違いの工房主 英雄パーティの元雑用係が、実は戦闘以外がSSSランクだったというよくある話4 時野洋輔/ゾウノセ

勘違いの工房主 英雄パーティの元雑用係が、実は戦闘以外がSSSランクだったというよくある話4

ジャンル
文芸 SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勘違いの工房主 英雄パーティの元雑用係が、実は戦闘以外がSSSランクだったというよくある話4のあらすじ

戦闘以外の適性が全てSSSランクだけど、それに気付いていない少年、クルト。彼は自分が本当の工房主だとは露知らず、工房主代理として働いていた。クルトと工房の一員であるリーゼは突如姿を消した仲間のユーリシアを探すため、諸島都市連盟コスキートに向かう。そして現地で情報を集めたところ、コスキートの島主の一人、ローレッタが手がかりを持つらしいことが判明した。一行はローレッタのいる島に移動し、リーゼが彼女との接触に成功する。そうして調査が進んでいく一方で、クルトは島で開かれる武道大会になぜか女装して参加することになり――!?戦闘以外最強の天才少年がおくる、勘違いファンタジー、第4弾!

1,265円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

勘違いの工房主 英雄パーティの元雑用係が、実は戦闘以外がSSSランクだったというよくある話4のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP