鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか3 はがき/TYONE

鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか3

ジャンル
文芸 SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか3のあらすじ

ある日突然、目が覚めたら理由もわからず異世界にいた青年、ヨシト=サカザキ。彼は、異世界に来ると同時に二つのスキルを得ていた。『鑑定』と『亜空間倉庫』である。この二つ、一見すると単なるサポートスキルなのだが、実は別の使い方がある。『鑑定』で他者の潜在能力を覚醒させられ、無生物しか入れない『亜空間倉庫』を利用して、生物を両断できるのだ。それに気づいたヨシトは、異世界で攻めた生き方をしていくことにする――。ヨシトと四姫桜、それに新たに仲間に加わった(自称)ヴァンパイアのリモアは、迷宮に潜ることにした。目的は前人未到の最下層――地下100階に封印されているという女神ラステルに会うため。だがその道のりは、地上では敵なしの彼らであってさえ厳しいもので、ついには犠牲者まで――。ネットで大人気の異世界最強サポートファンタジー、ついに完結!

1,265円 12ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

鑑定や亜空間倉庫がチートと言われてるけど、それだけで異世界は生きていけるのか3のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP