55のポイントでわかる 自治体職員 新 はじめての出納事務 大崎 映二

55のポイントでわかる 自治体職員 新 はじめての出納事務

著者
大崎 映二
出版社
学陽書房
ジャンル
社会・政治
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

55のポイントでわかる 自治体職員 新 はじめての出納事務のあらすじ

◎自治体の職員であれば知っておく必要がある、財務事務を地方自治法第9章を骨格にし、その条文をどのように解釈して現場で仕事をすべきかを解説。 ◎実務を担当する職員の視点からまとめたわかりやすい内容。 ◎専門職以外の事務職職員も必須の内容。 次の点を重点的に見直しました。  ・内部統制制度との関係  ・監査制度の充実・強化との関係  ・首長・職員の損害賠償責任の見直し  ・債権関係の民法改正

2,750円 27ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

55のポイントでわかる 自治体職員 新 はじめての出納事務のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP