「さみしさ」の力 ──孤独と自立の心理学 榎本博明

「さみしさ」の力 ──孤独と自立の心理学

著者
榎本博明
出版社
筑摩書房
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他 芸術
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「さみしさ」の力 ──孤独と自立の心理学のあらすじ

自分の内面に目が向かうようになる青年期。誰とも違う個別性の自覚とともに、痛切な「さみしさ」が生まれてくる。わかり合える友だちを求めながらも、心の中をのぞかれることへの抵抗感や比較意識からくる不安も強い。自立へと歩み出すために、さみしさの意味を見つめなおす。

715円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「さみしさ」の力 ──孤独と自立の心理学のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP