アメリカ自動車産業 競争力復活をもたらした現場改革 篠原健一 著

アメリカ自動車産業 競争力復活をもたらした現場改革

ジャンル
ビジネス・経済 経営
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ自動車産業 競争力復活をもたらした現場改革のあらすじ

長期停滞を余儀なくされたアメリカの自動車産業。小型車開発の後れや金融子会社の不振により、2009年にはGMが国有化されるに至った。しかし、新生GMは改革を推し進め、2011年には世界最大の自動車会社に返り咲いた。電気自動車の開発やシェールガス革命も追い風である。この強さは本物なのか。競争力の源泉である工場現場を調査し、品質管理や意識改革の成功と限界を明かす。企業人必読の書。

858円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

アメリカ自動車産業 競争力復活をもたらした現場改革のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP