日本経済学新論 ──渋沢栄一から下村治まで 中野剛志

日本経済学新論 ──渋沢栄一から下村治まで

著者
中野剛志
出版社
筑摩書房
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本経済学新論 ──渋沢栄一から下村治までのあらすじ

水戸学のプラグマティズムを、近現代日本を支えた経済思想へと発展させた人物こそ、渋沢栄一であった。『論語と算盤』で水戸学の朱子学批判を賤商思想批判へと読み換え、尊王攘夷思想から継承した経済ナショナリズムで日本の近代資本主義を確立した渋沢。その精神を受け継ぎ経済政策の実践に活かした高橋是清、岸信介、下村治ら実務家たちの思想に「日本経済学」と呼ぶべき思考様式を見出し、そのプラグマティズムと経済ナショナリズムに危機に立ち向かう実践的姿勢を学ぶ。

1,155円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

日本経済学新論 ──渋沢栄一から下村治までのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

日本経済学新論 ──渋沢栄一から下村治までの最新書籍ニュース

2020年05月28日 更新

PAGE
TOP