「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末 八田進二 著

「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末

ジャンル
ノンフィクション 社会・政治 ビジネス・経済 経営
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末のあらすじ

★真相究明どころか 追及からの“隠れ蓑”!? 不祥事を起こした企業や行政組織が、外部の専門家に委嘱して設置し、問題の全容解明、責任の所在の明確化を図るはずの「第三者委員会」。だが、真相究明どころか、実際は関係者が身の潔白を「証明」する“禊のツール”になっていることも少なくない。調査中は世間の追及から逃れる“隠れ蓑”になり、ほとぼりも冷めかけた頃に、たいして問題はなかった――と太鼓判を押すような報告書もあるのだ。第三者委員会を徹底分析する。 厚労省の毎月勤労統計 東京医大の入試差別 日大アメフト部の反則 朝日新聞の捏造 東芝の不適切会計

946円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

「第三者委員会」の欺瞞 報告書が示す不祥事の呆れた後始末のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP