笑う女 大江戸閻魔帳(四) 藤井邦夫

笑う女 大江戸閻魔帳(四)

ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年05月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑う女 大江戸閻魔帳(四)のあらすじ

霧雨に濡れて逃げた女は、なぜ笑ったのか? 「優しい女」が犯した亭主殺しの真相。戯作者麟太郎、涙の探索。 霧雨舞う中、傘も差さずに駆け出してきた年増女に行き合った、戯作者の青山麟太郎。 馴染みの下っ引・亀吉によれば、女は通旅籠町の裏長屋で亭主を殺し、姿を消したおきぬだという。 評判の良い仲居だったおきぬには、しかし人知れぬ別の顔があった。 哀しき運命に弄ばれた女を、麟太郎が追う!<文庫書下ろし>

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

笑う女 大江戸閻魔帳(四)のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP