薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理 塔山郁

薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理

著者
塔山郁
出版社
宝島社
ジャンル
文芸 SF・ファンタジー
配信日
2020年05月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理のあらすじ

ホテルマンの水尾爽太は、処方薬を丹念に塗るも足の痒みがおさまらず、人知れず悩んでいた。薬をもらいに薬局へ行くと、毒島という女性薬剤師が症状を詳しく聞いてくる。そして眉間に皺を寄せ、医者の診断に疑問を持ち……。急激な眠気に襲われるホテル従業員、薬を過剰に要求してくる老人、ダイエット薬を格安で売る病院など、水尾は毒島とともに、薬にまつわる様々な事件に挑む!

722円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

薬も過ぎれば毒となる 薬剤師・毒島花織の名推理のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP