駄犬道中こんぴら埋蔵金 土橋章宏

駄犬道中こんぴら埋蔵金

著者
土橋章宏
出版社
小学館
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2020年05月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

駄犬道中こんぴら埋蔵金のあらすじ

鼠小僧のお宝を探せ! 笑劇珍道中第二弾! 鼠小僧のお宝を見つけ出せ!  大人気シリーズに続編登場!! 時は文政十三年(天保元年)、おかげ年。 無事におかげ参りの旅を終えた辰五郎、沙夜、三吉、代参犬の翁丸は、江戸に戻らず伊勢でガマの油を売って旅費を稼いでいた。 旅を続けることにした三人と一匹が次に目指すのは、四国の金毘羅。まずは大坂に立ち寄り、辰五郎のガマの油売りの師匠に会うことに。 すると、師匠から金毘羅に眠るというお宝の地図を託されて――。 地図を狙う悪党たちに追われながらも、旨いものには舌鼓。 笑いあり、涙あり、博打もあれば、温泉もあり! 大人気笑劇珍道中シリーズ第二弾!! 犬も歩けば小判に当たる!? この作品は過去に単行本版として配信されていた『駄犬道中こんぴら埋蔵金』の文庫版となります。

924円 9ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

駄犬道中こんぴら埋蔵金のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP