信長の庶子 四 関ヶ原夜話 壬生一郎/土田健太

信長の庶子 四 関ヶ原夜話

ジャンル
文芸 歴史・時代 ライトノベル
配信日
2020年05月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

信長の庶子 四 関ヶ原夜話のあらすじ

織田信長の長子、帯刀。彼は、母の身分が低すぎて生まれながらに家を継げない“幻の長男”だった。 帯刀は、弟たちの家臣として、織田家のため、家族のために生きることを誓い、戦い続ける。 いよいよ日本統一の野望をあらわし始めた信長は将軍義昭との対決をも視野に入れ始めるが…? 歴史を動かすのは、『転生者』なのか、それとも――… そして今回も、書籍版だけで読める60ページ超の熱筆書き下ろし!!! 西国の雄、毛利の知将小早川隆景の目にうつる日本とは――!? 1300万PV突破!! 圧倒的熱量で駆け抜ける、戦国IFエンタメの決定版!!

1,320円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

信長の庶子 四 関ヶ原夜話のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP