千歳くんはラムネ瓶のなか 3 裕夢(著)/raemz(イラスト)

千歳くんはラムネ瓶のなか 3

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス ライトノベル
配信日
2021年03月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

千歳くんはラムネ瓶のなか 3のあらすじ

「君」にさよならを。 6月の進路相談会で顔を合わせて以来、俺と明日姉は学校でも会うようになった。 まるでデートのように出かけることも増え、俺は嬉しい反面……どこか切なさにも似た感情を抱えていた。 それがひどく身勝手なものだということも理解しながら。 明日姉は、東京にいく。物語を「編む」人になるために。 俺は、笑顔でこの人を送り出せるだろうか――。 大人気“リア充側”青春ラブコメ、第3幕。 遠い夏の日。君とまた会えますように。 ※「ガ報」付き! ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

825円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

千歳くんはラムネ瓶のなか 3のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP