舞鶴の海を愛した男 西村京太郎

舞鶴の海を愛した男

著者
西村京太郎
出版社
徳間書店
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2020年04月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞鶴の海を愛した男のあらすじ

十津川警部、引揚船と消えた財宝の謎に挑む!? 天橋立近くの浜で男の溺死体が発見された。 右横腹に古い銃創があり顔には整形のあとが残されていた。 死の数日前、若狭湾冠島周辺の海面をドローンで撮影する男の姿が目撃されていた。 そんな折、十津川警部が舞鶴警察署を訪れる。 東京月島で五年前に起きた銃撃事件に、溺死した大竹昭一が関わっていた可能性があるという。 大竹は、なぜ舞鶴の海に関心を持っていたのか。 捜査が進むなか突如、若狭湾の調査に乗り出す海洋資源調査会社が現われ……。 第一章 若狭湾 第二章 昭和二十年八月十九日 第三章 新たな参加者 第四章 七十四年前の罠 第五章 回顧昭和二十年八月 第六章 軍と市民と海と 第七章 犯罪オークション 第八章 静けさを取り戻した海

871円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

舞鶴の海を愛した男のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

舞鶴の海を愛した男を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP