なぜ水を飲むだけで「認知症」が改善するのか 1日1.5リットルの水分補給が命を救う 著者:山下 哲司/監修:竹内 孝仁

なぜ水を飲むだけで「認知症」が改善するのか 1日1.5リットルの水分補給が命を救う

ジャンル
趣味・実用 趣味・実用一般
配信日
2020年11月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ水を飲むだけで「認知症」が改善するのか 1日1.5リットルの水分補給が命を救うのあらすじ

リハビリ介護施設を展開する著者が実践し、効果を目の当たりにした、介護法のメソッド。それは一言でいえば、「食事以外に1日1.5リットルの水分補給をしていれば、お年寄りを介護状態から救える」ということ。入院していた老親が退院してきて、介護の手立てがなく悩んでいる家族は多い。一方、通常のデイサービスではリハビリは受けられない。そのミスマッチを解消する「リハビリ介護」の施設を運営する著者ならではの、親を介護から抜け出させるためのメソッドを、「水分補給」の視点から解説する一冊。「第1回KADOKAWA知的生産塾最優秀賞」受賞企画。

1,650円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

なぜ水を飲むだけで「認知症」が改善するのか 1日1.5リットルの水分補給が命を救うのユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP